SNKの格闘ゲーム

その昔、SNKというゲームメーカーがありまして、若いころは結構格闘ゲームを嗜んでましたが、
その中で今でもたまにやる好きなゲームがこの「龍虎の拳」でございます。
なんで好きなのかというと必殺技が派手で、決まれば爽快なところが好きでした。
いわゆる乱舞系の隠し超必殺技などもこのゲームが最初だと思います。


最初の相手である藤堂。
戦いの場所は料亭らしいのだが、この藤堂の位置付けって何?料理人?用心棒?
キャラが定まらないので暫烈拳で葬る。
WS000002.jpg

次の相手、不良でバイク乗りのジャック。 ピザですね。
というかバイク乗りで不良って時代が出てますね。
WS000003.jpg
でもピザでも思いっきり飛んできます。しかもドロップキックというプロレスラー真っ青な技で。
まぁピザなのでこいつも適当に処理してやりました。

敵を二人倒したらボーナスステージで体力をあげるか気力をあげるか、超必殺技を会得するか。
迷わず超必殺技を選ぶ。技は覇王翔孔拳(はおうしょうこうけん)
WS000004.jpg

余裕で超必殺技を会得したあとはチャイナタウンに行って中国全土探しても絶対に、
こんな格好をしたやつはいないであろうリー・パイロンとの勝負。
WS000005.jpg
こいつ何?鉄の爪仕込んでるじゃん?
WS000006.jpg
さっそく覇王翔孔拳で成仏させてあげました。
え?酷い?
だって武器持ってるんだもん 危険なやつじゃん。

次の相手は料亭ではなくブルジョアリティーが漂う高級レストランでバンサー(用心棒)と勝負。
なんかナヨナヨしてるけど、ご覧のセリフを吐いた。
WS000007.jpg
一応、用心棒でも高級レストランなんだから喋り方に気をつけようよ。
まぁそんな口の悪いやつには改心せよって意味で覇王翔孔拳をやってみたら、、、
WS000008.jpg
あらまぁ!!
WS000009.jpg
なんと、女の子でした!
女の子ならもっと喋り方に気をつけましょうよ 彼氏できませんよ!

その次の相手のミッキーとかいうやつは大してネタにならない相手なのでカット
ミッキーを倒したら港の空母に行くようにといわれたけど軍人相手です
軍人相手にリョウは「武器を持った相手なら、、、↓
WS000010.jpg
と、言いますが、
フヒヒヒwwwサーセンwwwwすでに使ってしまいましたwwwwwww

武器を持ってそうな軍人のジョンとの対戦。
だが、武器らしいものは見当たらないが1本目を先取した次のラウンド
WS000011.jpg
ジョンに武器を使わない正々堂々の勝負で2本目は取られてしまいました。
そして血を流し歯が折れていながらも「口ほどにも無い」と強気な彼は私に言いました。

そして最後の3本目
WS000012.jpg
パーフェクト余裕でした。

んで次の相手は、
WS000013.jpg
あ、武器持ってる!!
スクショ取り忘れましたが、このハゲ頭に覇王翔孔拳かましたのは言うまでもない。
武器持った卑怯者には制裁あるのみ。

そして最後の相手。
リョウに似てますね。まぁ親父なんですけどね。
WS000014.jpg
親父だろうが容赦なく潰します。
だって今は敵だもん。
WS000016.jpg
最後は実の親父として有るまじき行為をしたので覇王翔孔拳で制裁。
無事、妹も救出できたので、めでたし めでたし。
スポンサーサイト

嫌いなコースを攻略せよ!

久々にMYS鯖の毎週水曜日開催のSGTレースに参加。
土曜は今シーズンは今のところ毎週出てるが水曜は本当に久々。
しかしコースはザンドフォールトという苦手なコーナーが多いコース。
出るのにためらうけども、こーゆー苦手なコースに挑戦するのも早くなるのに必要だと思い、参加することに。
マシンは今回は毎度の09年KEIHIN NSXではなく08年のRAYBRIG NSXを選択
raybrig.jpg
なんだかこの日は、RAYBRIGに乗りたかったのだw
というか08年のNSXでカラーリングが一番かっこいいと思う。
でも本当にカッコいいのは08年鈴鹿1000kmのRAYBRIGなんだけどねw 誰かスキン作って~www

というわけで22時15分ごろからオフで一人練習するも、やはり苦手なコースで全然タイムが出ず、
1分36秒台のタイムばかりで「ヤバイな このままじゃ下手したらGT300にも負けそう」と思い始める。
このコースはアップダウンが激しく突込みを間違えるとコースアウトしてタイヤバリアに激突することになる危険なコース。
とにかくあまり跳ねないようにセットして中盤から後半のセクションを乗りやすくするためフロントとリアの羽を最大にする。
メインストレートとシケインまでのバックストレート?を捨ててとにかくコーナーで厳しい動きにならないようにしたところ、
「うん 乗れる」と思うと1分33秒台を出せるようになってきた。
しかし、中盤の7~9コーナーは相変わらず苦手で上手くラインに乗れない状態だが、
予選ではプラクティスより上手く走らせることが出来て、1分32秒987を出すことが出来たが、
トップから+2.542の17台中12位と半分より後ろであった。

決勝はローリングスタートで上手くスピードを乗せることに成功したが、
前を行くARTA NSXがスタートダッシュに失敗し、さらに前のZENT SC430もスピードが遅れぎみだった。
そしてKRAFT SC430が横に並ぶ状態。
zand1.jpg
それよりも、このARTAが明らかに遅いにも関わらず道を開けようとせずそのままのラインを走るので、
私はこれ以上アクセルを踏むことが出来ずに、大きくポジションを上げるチャンスを失う。
何とも歯痒い思いをしたスタートだった。

スタートで少し順位をあげるとこが出来たが、2コーナーで前のARTAに釣られてコースオフしてしまい、
コースインしようとしたけどもバランスを崩してしまい、そのせいで後ろの宝山SC430と接触してしまう。
が、大事には到らずによかった。結構あぶない戻り方をしたのは申し訳ないところ。
zand2.jpg

結局、GT500集団のケツになってしまったので後は追い上げするばかり。
まだ7~9コーナーの苦手意識はなくならないものの、何とか前のIMPUL GTRを抜くのに成功。
zand3.jpg
コーナーは私が早くてもストレートは遅かったのでシケイン進入まで横並びであったが、
私のラインが楽であったので抜くことが出来たけども、かなり危険な抜き方をしてしまった。
まだバトルの慣れがなく横を見る余裕がなく、
もう少し下手に曲がってればお互いに大きなダメージを負うところだった。

その後も快調にペースを保ちながら走っていると前にECLIPSEスープラが見え始め、すこしづつ差を詰める。
zand4.jpg

だが、見え初めてから中々差が縮まらないことに焦りだした結果、
11コーナーの立ち上がりで縁石に乗せてしまいスピンしてしまう。
zand5.jpg
その結果、、、、右フロントを強打してしまう。
zand6.jpg
絵ではバンパー残ってますが、実際は吹っ飛んでスプリッターにダメージ負ってます。
そのためペースがガタ落ちする。
残りは2周ぐらいだったが、ピットに入ることにするけども、この選択が死への選択になろうとは知る由もなし。

そして、そのときは訪れた
zand7.jpg
刺さりました。ピットの入り口のタイヤバリアに刺さりました。
昇天されました。


結果はリタイア。
非常に残念な結果だったと思うけども、それ以前のことを思い出すと、
大嫌いで苦手なコーナーが多いこのコースをここまで走れたって考え直すと、
結果はどうであれ、自分としては「短い時間でよく出来たかな」と思えてきた。
苦手だからと言ってあえてそれに挑戦するのも悪くないかなと思えるレースでした。

採れ立て鮮魚ゲーム?

日曜、いつものように仕事してましたが、夜ごろから何だかのどが痛くて頭がボーっとしてきた。
まぁ仕事場の人にうつされてしまったわけなんですが、そんな体調を見てか店長が「今日は休め」と言うので、
仕事を休んでしまった月曜 ずっと寝ててもしんどいだけなので起きてゲームでもしてみる。
いつもならGTR2なんだけどハンドルをぎゅんぎゅん回すのも気が出ないのでSTGゲームでもしてみた。

というわけで、手軽に出来るSTGゲーで昔よくセガサターンやゲーセンでやってた「ダライアス外伝」をやってみる。
私の中でシューターってのは
「最高スコアを出すタイプ」と
「ワンコインでどこまでいけるかタイプ」の二つに分かれると思うわけであって私はどちらかと言うと後者に当たる。
それ書いたところでこの後にそのどちらかのことが書かれるのかというと、全く無いですけどねww
darius1.jpg
プレイしていて再度、思ったのがタイトーのSTGゲームはBGMが素晴らしいのだ。
このダライアス外伝もそうだし、Gダライアス、そしてレイストームなど、ただ曲だけ聴いたらゲームの音楽とは
思えないような秀逸な曲ばかりです。
ニコニコとかにあるから一度聴いてみてはいかがでしょうか?


darius3.jpg
ダライアスといえば魚介類。シーラカンスですね。
darius4.jpg
おっと、こちらはイカですね イカだけにイカ臭そうな攻撃してきます。
多種多少な魚介類をモチーフとした敵が出てきます。



私が思うに、魚に詳しくTVによく出てる「さかな君」はこのゲームを見て魚に詳しくなったんでしょうね。

手抜きですいません

毎週土曜はMYS鯖のSGTシリーズに参加してるんですが、
第2戦のSGT SUZUKAも参加してきました。
鈴鹿はテクニカルなコースで好きなコースではあるけど、
前々からいいタイムが出せずに悩んでましたが、
レースのある週に通常のMYS鯖でのレースが終わった後にコソ練鯖を立てて早い人達と一緒に練習してました。
そんなこともあり目標に近いタイムを出せることが出来ました。


んでもって今回のレースの目標は、
タイムよりリタイアせずにクラスも同一周回でゴール出来たらいいかなと思っていた。
sgtsuzuka1.jpg
レースが始まると、やはりどんどんと遅れはじめる。 
でも遅れてもいいよ 今回はあまり志は低めにしてあるから。
大きくマシンにダメージを食らうようなことはなかったからよかったけど、
相変わらず細かいミスが多いですね。あとGT500クラスを避けるのも下手。

結局のところクラス最下位
クラス同一周回でゴールすることが出来たので目標は達成と言っていいかな。
実を言うとこのレース、自分の走りにあまり印象が無いです。
なんだか集中できずに淡々と走ってたことしか頭に残ってません。

なんでだろ、、、、?

A1リンク補正

先日のMYS鯖でのデフォ車でA1リンクのレースに1日目、2日目と参加してきました。
1日目のレースは前回の同じ条件で行われたセットをベースに今の自分の乗り方にあわせたセットに変更してみる。
オフで練習していたときは何とか頑張って1分31秒台後半に乗せることが出来たので、セットはバッチリ。
予選タイムは1:31.723で13位と前回の予選より上位につけて、さらにこのコースでの自己ベストを更新!
そしてレース結果は12位でゴール。
しかし自分としてはまだこの結果に若干納得がいかず、「もう少し上手く出来たはず」と思い、
優勝したtorafuguさんにセットのデータを貰うことにする。
そのセットで2日目のレースに挑む。

そんなこんなの2日目のレースのためにまたオフで30分ほど前日torafuguさんに貰ったセットで走ってみるが、
曲がるし止まるし加速もいい!「このセットだと上にいける!」と思えてきた。
だが8コーナーと最終コーナーでかなり不安定になりやすく、
ここだけ早めのブレーキとブレーキバランスを変えることで対処する。
サス系は全くいじることなくタイヤコンパウンドとダウンフォース、燃料を今日のレースにあわせて変更。
そして予選は1:31.846と前日より遅い結果になってしまったが参加者の車が前日に比べ変わってるので8位につけるけども、自分としてはもう少し上にいけそうな感じではあった。


決勝はスタンティングスタート。スタンディングはかなり下手。
スタートで後ろのゆっき君にサクっと抜かれてしまう、、、
そしてブレーキが少し遅れてしまい、ゆっき君にぶつけてしまい外に弾き出す形になったが、
ゆっき君の車は大きくバランスは崩してないっぽいのでレースを台無しにしてしまわず済んだのは幸いか?
a1-2.jpg


この1コーナーの混乱で何台かに抜かれてしまったが次のヘアピンコーナーで、
某国が開発した新型ミサイル「M23」ミサイル発射命令が発動。その「M23」ミサイルを捉えた貴重な写真。
イン側にいるのがその新型である。 アウト側は私w
a1-3.jpg
このミサイル直撃は免れたが、軽くあたってしまったゆっき君は順位を下げてしまうことに。

しかし彼が後ろにいるのが逆に私としては大きなプレッシャーになった。
普段のレースでは下位を走っている私が8位以内を走るなんてことはまず無い。
前も後ろも早い人と思うとそれがプレッシャーになる。
後ろをチラチラ何回も見て走るうちに前のグループと除々に差が開いてくる。
が、ゆっき君がスピンして差が開き、後ろのプレッシャーがすこし和らいだので前に集中して走る。
前に集中できるからちょっとづつ前との差も縮まってきてるし前を走ってるHiromJさんが砂場にひっかかり順位を落とし
私は4位まで浮上。
しかし前を走るのはnidoneruぴょんにModenaさんにRothmansさん
a1-5.jpg

前の人達が早いとはいえども今日の私も早いので除々に差が詰まって抜けそうな間にまでなってくる。
そして最終コーナーでRothmansさんがミスでコースアウトしてしまい、
nidoneruぴょん、私、Nekoppoさんとなったがバトル慣れしてないせいか1コーナーで、
あっさりNekoppoさんに抜かれるが2コーナーで抜き返そうと試みる。
しかしNekoppoさんの上手いブロックに翻弄されてしまい、2コーナーでブレーキミス。
危うくNidoneruぴょんにぶつかりそうになるし順位をさげる。
a1-7.jpg

でも前を走るRothmansさんもペースがあげることが出来ないのか、7コーナーで私が抜くことに成功。
a1-9.jpg
どうやらタイヤをセーブしてたみたい。
しかし抜いて浮かれていても燃料切れになるのですぐにピットイン。
最初の燃料の積載量を間違ったので、ここでのピットに止まる時間が長く順位を予想以上に下げてしまう。
しかしここから巻き返しを狙って走る。
大きいミスもなく多少周回遅れにモタついたところもあり、7位のベルティゴに乗るtakkamさんには、
「追いつけないかぁ」とちょっと悔しい思いをしたが、takkamさん痛恨のガス欠により、
なんと最終ストレートで抜いて6位でゴール!
a1-10.jpg

何とも驚きの結果でしたw
とにかく1日目も2日目もよく出来たと思えますが、後にRothmansさんやゆっき君に言われたことは、
「何でもいいから100L積まなきゃダメだよ 積んでたら表彰台だったかも」と言われました。
結局そのことが心残りで100点のレースではないなと思いました。

最後にtorafuguさんに感謝です。
すごい走りやすいセットでした。


長文&駄文サーセンでした
アンケート
プロフィール

chin_matsuo

Author:chin_matsuo
R3Eの鯖缶やってます
マルチは自鯖でR3E
他鯖でrF2に出てます。

質問、意見、問題等あれば
skyp ID :matsuo-bashow
twitter :@grass_saba まで

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
草鯖ツイート
リザルト
リンク
検索フォーム