Auto・陳・Sports特別号

MYS-GTAが先日、シーズン9へ向けてのテストを行った。
今回も前回と同じテストサーキットとして使われたカタロニア。
前日にニュルブルクリンクで行われた、LMS-YOUNGMANでの2.4時間耐久レースの熱も冷めぬまま
記者は1日も経たぬうちにスペインへと飛ぶ、強行スケジュールを敢行。

今回のテストレースは前半は面白い展開となった。
まだ各ドライバーが乗るマシンは正式決定ではおらず開幕戦は
どのマシンに乗って参戦するかは分からない。
レースのレポートを含めて一部に注目を当てて、ドライバーとマシンを見ていくことに。


まずは昨シーズン、資金難とスケジュールの調整が合わず、
わずかなポイント差でチャンピオンを逃したDon-3rd。
s91.jpg
今期は古巣イカ臭ラーメン・ムーンクラフトで紫電に乗り王座奪取に向け
チャンピオン、そして紫電マイスターの称号がほしいところ。

今回電撃参加となったRyo。
昨シーズンはシーズン中盤に仕事であるイカ漁の仕事が忙しくなり、
参加を取りやめていたが、今期は大人気アニメ「イカ娘」がスポンサーになりF430で参戦。
s92.jpg
レース前のコメントで「MYS-GTAを侵略してチャンピオンを取るでゲソ!」とコメント。

そしてシーズン8のチャンピオンであるRothmans。
今回のレースではムルシで参加ではあるが、
シーズン9ではFINAポルシェで参加が決定してる。
s93.jpg
「FINAポルシェでも余裕でチャンピオン取れちゃうかな」と余裕の発言。
ということでFINAポルシェで参加してください。


SガチレンジャーC7に乗るminami51。
昨日のニュル2.4時間ではメカニカルトラブルでまともに走ることが出来ず。
ペナルティを喰らったりと散々ではあったが、気を取り直してカタロニアに。
s96.jpg
「ガチの走りでチャンピオンを取る!」と気合充分の様子。

2台目のイカ娘F430に乗るDaicha。
昨シーズンもF430に乗ってマシンも熟成され今期こそ優勝を狙う。
s97.jpg
イカ娘がメインスポンサーに付き資金も豊富なため、多方面へのレース活動も行う模様。
このレースが始まる数時間前にイタリアモンツァでWTCCマシンに乗りレースを行っていた。

matsuoも今期は古巣Daishinに戻りZで参戦予定。
昨シーズンは紫電のチャレンジドライバーとして3台目の紫電に乗っていたが、
結果出ず、シーズン途中で解雇されたが最終戦に特別にチャンスを与えられたが、
そのレースでもマシンを大破させてしまい完全に縁がなくなった。
s98.jpg
「またDaishinとのコラボでダイ陳として走れるのがうれしい」と話す。

CNはお気に入りのおうときっとポルシェで参加。
s99.jpg
「ドアの脱落はないから大丈夫だよ」とコメント。

ZENT-GOポルシェに乗るsena。
s913.jpg
今回はアドバンタイヤとポルシェのマッチングを確かめる
テストドライバーとして参加。

そしてハンコックポルシェに乗るMart。
s915.jpg
こちらはハンコックのテストドライバーとして参加。


予選は紫電がポールを取ったものの、やはりスタートはフェラーリが有利。
あっという間にRyoのイカ娘F430がポールショットを取るかと思われたが、
コースに乗っていたイカ墨に乗ってリアが滑るが立て直す。
s916.jpg
紫電がポールショットを取ることに。

4コーナーでムルシがイカ娘F430をパス。
s917.jpg
これによりムルシよりペースの速いイカ娘は蓋をされ苦しい展開を強いられる。
「イカ娘よりシュタゲなんだよ!」と気合を入れてのパッシング。

10コーナーのヘアピンでDaichaのF430がリアを滑らせハーフスピンし順位を落とす。
s918.jpg
ガチレンジャー7は接触してしまうも順位を落とすことはなかった。

matsuoも1コーナーの飛び込みで宝山Zに乗るK-S-Iに詰め寄られるが、
ブレーキで姿勢を崩した宝山Zは砂場に行ってしまう。
s919.jpg
羽立ててたからブレーキは安定してたとmatsuo。

ずっと蓋をされペースをあげれないRyo。
スポンサーキャラのイカ娘もどこか苛立ち気な感じか?
s920.jpg
序盤のこの2台はずっとこの展開。

序盤こそペースのよかったZENT-GOポルシェではあったが、
ズルズルとペースが下がり、おうときっとポルシェに抜かれる。
s922.jpg
さらにはピットに入るまでに後ろのdaishinZにも迫られる展開に。

前半のレースの山場としてタイヤが磨耗してきたFIA-GTマシンのF430とムルシに、
昨日の無念を晴らすべく、ガチレンジャー7が襲い掛かる。
s924.jpg
s925.jpg
9コーナーをミスったRyoイカ娘F430をブレーキング勝負で抜くと
次は11コーナーでムルシに乗るRothmansを大外から抜くという怒涛の追い抜き。

そしてタイヤがきつくなった猛牛にイカが襲いかかる。
Ryoイカ娘F430が4コーナーでRothmansムルシを侵略することに成功。
s926.jpg
カタロニアサーキットに設けられたイカ娘ファンシートで
観戦していた観客も大喜びのシーンであった。


各車ピット作業後はおうときっとCNポルシェとhosodaモスラーのバトルが熱かったが、
hosodaモスラーはスピンしフロントを大破してしまいリタイア。
s927.jpg
接触はしてないのだが、なぜかおうときっとCNポルシェのドアが脱落。
レース後半は前半とは違い大人しい展開になる。

レースはDon-3rdが危なげの無い完璧な走りでポールトゥウィン。
シーズン9に向けて好発進が出来た。
2位にはガチレンジャー7のminami51が入り、「ベスト・オーバーテイクで賞」を獲得。
3位にはRyoイカ娘F430が入る。
s928.jpg

優勝:Don-3rdのコメント
「(イカ臭ラーメンを啜りながら)嬉しい優勝だね。
練習の段階ではいけるかどうか分からなかった。
紫電でもノーウェイトで勝てるということを証明できたよ」

ムーンクラフト代表油良氏のコメント
「スタートで1コーナーまでにRyoイカ娘F430に侵略されるかと思ったけど、
あのハプニングで侵略されずに助かったでゲソ」
コメント内容はイカ娘に侵略された模様であった。

2位:minami51のコメント
「前日のニュルは非常に悔しい結果だったけど、
このレースでガチの走りで追い上げた結果、この順位でのレースは悪くない。
(ベスト・オーバーテイクで賞)ももらえたからシュタゲに関する物を買う資金に回すよ」

3位:Ryoのコメント
「スタートでの1コーナーでのあれが無ければ優勝出来たんじゃなイカ?
あのムルシにずっと蓋されてさらにチャンスが遠のいたでゲソ」




以上、「Auto・陳・Sports 春の特別号(スペインでレースしなイカ?)」


次号はLMS-YOUNGMANで行われたニュル2.4時間耐久のレポを近々書きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chin_matsuo

Author:chin_matsuo
R3Eの鯖缶やってます
マルチは自鯖でR3E
他鯖でrF2に出てます。

質問、意見、問題等あれば
skyp ID :matsuo-bashow
twitter :@grass_saba まで

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
草鯖ツイート
リザルト
リンク
検索フォーム