Auto・陳・Sports 岡山ではしゃぐ初夏のイカ娘号

今回の陳スポは書くのがしんどいってことで、適当な書き方にします。
つーことでシーズン9の公式初戦のTI岡山。
バルセロナでのテストからdaishin Zからマシンをポルシェに変更しエントラント名も
「Chin-TRUST おうときっと 陳ちゃん ポルシェ」に変更。

曲がらないと言われていたが、セットでそれを解消したようだが、
ブレーキがシビアなマシンとなってしまい、予選は何度もミスり後方へ。
そして決勝は雨となり波乱の予感へ。


そんな中、序盤はこの「PACIFIC RYO イカ娘フェラーリ」がトップを快走。
s9ti1.jpg
今期シーズン9でMYS-SGT侵略チャンピオン獲得に並々ならぬ気合と闘志で参戦。

しかしそうはさせまいと、今期のエントラント名は
「Don kraft イカ臭ラーメン 紫電」が猛追する
s9ti2.jpg
紫電マイスターの称号と、こちらもチャンピオン獲得が欲しく気合充分。

そして久々に参加のPetorafugunas SC430。
ダブルヘアピンでロックして陳ポルの左側に追突。
s9ti3.jpg
これに対し、陳ポルのドアが脱落。
後ろのDaishinフェラーリ、REAL NSXの間を抜けたため
キルスイッチに当たることなく一難を逃れた。

中盤に差し掛かろうとするころ、コンパウンドの違いにより、
300クラスの後方集団は4台団子状態に。
s9ti4.jpg
ポルシェVSフェラーリの様子を展開してくる。

しかし、陳ポルはタイヤをレース半分を持たせることが出来ずにピットイン。
s9ti5.jpg
予想GUYのピットインに給油量をミスることに。
タイヤも引き続きインターミディエイトをチョイスするもこれが裏目に。
この後雨が上がり、路面の水量も減ってきた為インターが合わなくなる。

300クラスもルーティンピットが完了した後は、イカ臭紫電が安定の走り。
s9ti6.jpg
クラス2位に20秒以上の差をつけて走るなど、コースと走りが見事にマッチング。
ドリンクはスポンサーであるイカ臭ラーメンの汁を入れて走るなど余裕がある。

そして陳ポルは2度目のピットイン。
1回目のピットで足りない燃料とインターが磨耗したためである。
s9ti7.jpg
このピットで最下位へ。

しかし残り数周となってから前を行くハンコックMartポルシェはタイヤが減りすぎて
ペースを上げれず苦しい展開になったところに陳ポルが迫るが、
ヘアピンでコースアウトしてしまう。
s9ti8.jpg
周回数の関係からしてもうだめだろうなと思ったが、前のハンコックもミスったりで
また抜くか抜かれるかの展開になる。

そしてファイナルラップを走っている500クラストップのNSX。
s9ti9.jpg
2台のポルシェがバトルをしてるのを見てか、抜かずにペースを落として走る。

そしてこの2台のファイナルラップはどちらが先にゴールをしてもおかしくない状態であった。
s9ti10.jpg
最終コーナーをミスった陳ポルであったが、何とか順位を守ってのゴール。
まーとポルシェとの差は0.023秒という2010年すごうでのケーヒン対ウィダーを彷彿させる差であった。

レースは紫電が余裕の走りで初戦を優勝で飾った。
2位には岡山県がスポンサーになった、大都会トミカZ
3位はコツコツと走り抜いた、JLOC(ジャパン・ロリコン・オーバークロック)ムルシが入った。

1位のコメント
「勝てるコースで勝っておかないとね。チャンスを最大限に生かさないと」
と今回は浸け麺でイカ臭ラーメンを啜りながらのコメント。

2位のコメント
「悔しいね。雨が降ると補正が効かなくなる。Zも調整入って重くなったしね」とコメント。

3位のコメント
「ここでこの順位は嬉しいね。次はフジだし勝つよ!(シュタインズ・ゲートをプレイしながら)」
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>>とらふぐ
ハンセイシテクダサーイ(^o^)/

No title

ハンセイシテマ~ス^^/
プロフィール

chin_matsuo

Author:chin_matsuo
R3Eの鯖缶やってます
マルチは自鯖でR3E
他鯖でrF2に出てます。

質問、意見、問題等あれば
skyp ID :matsuo-bashow
twitter :@grass_saba まで

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
草鯖ツイート
リザルト
リンク
検索フォーム