Racing 陳 特集ニューマシンでの挑戦

今回のRacing 陳はKMGR-GT1シーズン13から投入されたニューマシン、
ランボルギーニ・ムルシエラゴ R-SVに乗るAll-chinkl.comの陳・まつおと
チームの密着取材を敢行。

テストでは速さに自信がなく開幕戦はつらいレースになるだろうとコメントをする。
まだマシンの方向性など全ての面でのデータがなく手探り状態で、開幕戦を迎えることになる。
テストドライバーとチーフエンジニア、そしてドライバーの3役をこなす陳には、
非常に重荷であるが、何とかこのマシンをいい方向に、そして速いマシンに仕上げるために奮闘する。

予選は持てる限りの力を出し7番手とMR車勢、そしてR-SV3台中でトップを取る。
そして決勝である。



つーか、こんな書き方するとまた何時間もかかるので毎度の感じでサクっと書いていきます~
s13ss1.jpg
スタートは上手くいきキープする。
序盤は前のC6Rに追いついていく。最終セクションでは差が詰まるけど、
立ち上がりでトルクの差などで差が開く。

中盤に差し掛かるころには追いついていけず差が開いていく。
s13ss2.jpg
しかし後ろとの差もあるので一人旅状態になる。

中盤にピットイン。
今回は磨耗したときのフィーリングを調べるために少し前半を引っ張る。
s13ss3.jpg
感じとしてはフロントのグリップは少し落ち、リアはそれでもしっかりしてる感じであった。
思ったよりタイヤにやさしい?。
ピット作業では燃料を少し入れすぎてしまい、スタート時にエンストしてしまい、
痛いロスが出来てしまう。
これにより7位をキープしてたが8位にダウンしてしまう。

ピット後の後半スティント始まりの何周かはMC12が後ろに張り付く。
s13ss4.jpg
こっちのペースは悪くないのでプレッシャーは無し。
しばらくしたら後ろのMC12はペナ?でピットに。
これで前後ともにがら空きになってしまう

その後は何もなく前9秒差、後ろ10秒以上の差で8位でゴール。
s13ss5.jpg
スタート時より1ポジダウンは痛いけども、何にもない状態で走ったR-SVは、
思ったより悪くなくそこそこの速さがあったんじゃないだろうかと思った。

とりあえず、今期はこのR-SVを通して乗っていきます。
最初にこのマシンを導入しましょうと言ったので自称テストドライバーも兼ねて走っていきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>dededeさん
そんなテストいらねぇwwwww

No title

クラッシュテストならまかせろー!!!!
プロフィール

chin_matsuo

Author:chin_matsuo
R3Eの鯖缶やってます
マルチは自鯖でR3E
他鯖でrF2に出てます。

質問、意見、問題等あれば
skyp ID :matsuo-bashow
twitter :@grass_saba まで

最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
草鯖ツイート
リザルト
リンク
検索フォーム